2つのシーズンスケジュール2018/04/20 23:13:15

今年もフットボールのシーズンがやってくる。
NFLナショナル・フットボール・リーグのスケジュールが発表された。Raiders 2018 Schedule Announcement
http://www.raiders.com/news/article-1/Raiders-2018-Schedule-Announcement/91279d5f-96a4-4dd4-afea-583fc926b1a0

わたしがカバーしているもうひとつのフットボール、CFLカナディアン・フットボール・リーグもすでにスケジュールは公開されている。
https://www.argonauts.ca/schedule/

これからNFLはドラフトがあり、サマーキャンプの生存競争と選手のふるい落としをへて、秋から来年2月の第53回スーパーボウルへ、CFLは11月の第106回グレイカップへ、公式戦に入る。

すごいというほかないが、2018/03/07 23:55:40

降るとしたらこんな感じか?
また春の嵐か。明日は横殴りの雨が降るらしい。折りたたみではなく、骨組みがしっかりした傘を用意しないと。

6年ぶりにシアトル・マリナーズへの復帰が決まったイチロー。
まだ佐々木主浩選手、長谷川滋利選手が在籍していた当時、シアトルで観戦した記憶がある。
ホテルから車で20分くらいかかったと記憶しているけど、ファンの熱気はものすごかった。
あれから16年たったいまも現役でプレーしているイチローはすごいというほかないが、逆にいえば若手にとっては押しのけてでも乗り越えなければならない存在でもある。
そういう存在であるだけに、今回シアトル復帰への決め手となった、故障で外野手がいなかったという問題が解決したとき、すなわち故障から復帰してきた場合に、イチローをどう扱うかが問題になるのではないか。

そのへんはアメリカはドライだから、バッサリ切る可能性もなくはない。

前向きにとらえている。2018/02/21 23:02:11

昨日書いた、五輪カーリング。
男子は予選敗退で終わったけれど、女子が対スイス戦で負けるも、アメリカがスウェーデンに敗れたため、準決勝に進出が決まった。
スピードスケート、女子団体追い抜きパシュートは、強豪オランダに勝ち、金メダルを獲得。2分53秒86は五輪新記録だそうだ。

と、書いてみたけれど今大会は男子より女子の活躍が目立つ。メダリスト数で男子の5人に対し、女子が6人。
男性にとってはしゃくかもしれないが、わたしも男性だけど女子がこれだけ活躍してくれるのはいいことと、前向きにとらえている。

テレビの前で応援2018/02/20 22:56:28

オリンピックは熱戦が続いているが、先週のフィギュアスケート男子、金銀メダルも感動したけれど、わたしたちが熱中してみているのは、カーリング。男女ともにテレビの前で応援している。

といっても卓球と同じくプレー経験があるとかフットボール観戦のように生で見たとかいったことはない。今回のテレビ観戦で字幕の解説を見ながら「ガード」だ「ナンバーワン」だ、「ハウスに入ったのはどっち?」などと仕入れた聞きかじりのような知識を駆使しながら応援している。

卓球やフットボールのように運動量がそれほど多くないだろうと思いがちだけど、どっこい、ブラシでこするプレーは60mを全力で走り抜くぐらいの体力を使うと言われる一方、体格による影響も少ないため男女間の成績に大差はなく、幅広い世代でプレイできるスポーツなのだそうだ。そしてストーンの位置や投げる方向、相手の動きを読んだり戦略を立て直したり組み直したり、と、アタマも使うスポーツらしい。つまりはフットボールのような激しいタックルやパス、卓球のように速いラリーの応酬がない一方で、相手の動きや自分の戦略を構成するといった要素があるのだろう。

なかなかおもしろそうで、実際にやってみたいとまでは言わないけれど、男女ともに今回いい成績をおさめてほしいなあ。

第52回スーパーボウル2018/02/05 22:31:15

今年で52回になる、NFLのチャンピオンを決めるスーパーボウルが、ミネソタ州ミネアポリスのUSバンク・スタジアムで開催された。

https://nfljapan.com/streaming/30341

今年の対戦カードはAFCがニューイングランド・ペイトリオッツ、NFCはフィラデルフィア・イーグルス。
6回目のスーパーボウル制覇をねらったニューイングランドが負けたのがうれしい。
もうひとつうれしかったのは、フィラデルフィアのQB、ニック・フォールズがMVPに選ばれたことだ。パス43回中28回を通して373ヤード、3タッチダウンをマーク、ランでも1タッチダウンを挙げた。しかし昨年のシーズン開幕当初は控えの存在だった。いっときはプロフットボールからの引退も考えたほどだったそうだが、控えでもあきらめずなすべきことをやった末に栄光をつかんだ。これこそまさにアメリカン・ドリームであろう。

「引退」の難しさ2018/01/26 23:48:40

プロアスリートに「引退」はつきものとはいえ、毎年いつも考えさせられる。

夏の高校野球で「怪物」と呼ばれて西武ライオンズに入団、その後、ボストン・レッドソックス、ニューヨーク・メッツのメジャーリーグでのプレーを経てソフトバンク・ホークスで日本に復帰したけどわずか1試合しか投げられなかった、松坂大輔投手。
先日、中日ドラゴンズの入団テストで合格、自身初のセントラルリーグでプレーする。

学生スポーツとは違い、新しい選手が入ってきたらやっぱりベテランよりは新人のほうを使ってみたいと思うのが監督やコーチの思いだろう。
プロだから実力がないと使ってもらえない。いくら過去の実績があってもプロは結果が全て。だから中日に入団が決まったときも賛否両論があった。

ふと思う。
彼と同期でプロ入団した選手や、もう引退した同期選手はいま、松坂をみてなにを思っているだろうか。自分もまだやれたかもしれない。松坂にはがんばってほしい、いやもうあれだけやったんだからいいじゃないか……。NFLもそう。同期入団でも3年もたったら半分も残っていないのがほとんど。

本人はまだやり尽くしたことがあると思っている。でも周囲はそう思っていなかったり、もうやめたらと思う。

難しい問題であり他人が答えを出せるものではないことくらいはわかる。
だからこそ本人が「まだやる」と決めたのなら、それを精いっぱい見守り応援していきたい。

やりたくてもやれない立場からすればうらやましいし、彼を見て励みにもなる。

皮肉なものだねえ2018/01/15 19:48:04

NFLプレーオフ。
いよいよconferenceチャンピオンシップに入る。今年はアメリカンフットボールカンファレンスが、ニューイングランド対ジャクソンビル。ナショナルフットボールカンファレンスが、ミネソタ対フィラデルフィア。

わがオークランドはダメだったけど、ジャクソンビルに第52回スーパーボウルに出てほしいなと思う。前年の成績が3勝13敗、さらに2012年シーズンはなんと2勝14敗だっただけに今回まさかのプレーオフ出場は驚きでもあるし、オークランドにも刺激になったのではないだろうか。解雇されたオークランドのジャック・デルリオはジャクソンビルでもヘッドコーチを務めていた過去がある(2003 - 2011)。

皮肉なものだねえ。

長いオフが始まる。2018/01/02 23:40:59

正月2日目。からだがまだまだついていかないけれど、徐々に戻さないと。

NFLは現地時間1月1日のマンデーナイトゲームでレギュラーシーズンを終了。今週からはもうプレーオフにはいる。
わがOaklandは最終戦、LA Chagers戦を10-30で落として6勝10敗でシーズンを終えた。同時にヘッドコーチのジャック・デルリオは解任。後任は元HCで現解説者のジョン・グルーデンではないかと現地では報道されている。

やれやれ。
また長いオフが始まる。
まだスーパーボウルが残っているけどね。

「赤と青」2017/12/03 23:10:27

甲子園ボウルは日大×関学大 東北・立命敗れる
http://www.asahi.com/articles/ASKD32J5FKD3PTQP007.html

ライバルの存在というのはとても貴重なものだ。
アメリカでもUSC-Nortre Dameなど有名なものがいくつもある。州や街を分けたライバルはUCLA-USCなど、それこそいくつ挙げても足りないくらい。

1934年に立教大学、明治大学、早稲田大学にアメリカンフットボールチームが結成され、80年以上の歴史がある日本のフットボールにも当然ライバル関係は存在する。
東の日本大学と西の関西学院大学がまさにそれだ。

通常「赤と青」で呼ばれる両校の対戦。
日大は3年ぶり34回目、関学大は2年連続51回目の出場となる。
甲子園ボウルでの対戦は通算日大16勝10敗2分。

からだのサイズは小さいけれど2017/11/17 23:08:40

肩こりが激しい。
妻にもんでもらってどうにか軽くなった。
やれやれ。

アメリカ人は平均しても日本人より大柄だが、さらにプロスポーツ選手となると本当に大きい。
今年のMLBの最優秀選手、アメリカンリーグのMVPにヒューストン・アストロズのホセ・アルトゥーベが選ばれた。
打率.346、24本塁打、81打点、32盗塁。なにより168センチという身長に目を奪われる。
5フィート6インチ。日本人なら普通かもしれないが、MLBでこのサイズは小さい。それでもこれだけやれるっていうことを示したのだから、159センチのわたしも勇気づけられた。