音楽を心ゆくまで楽しめるのは2017/08/11 21:07:32

横浜市中区政90周年 開港記念会館100周年イベント
平和に響けSIng SIng SIng
http://singsingsingeiji.com/

北朝鮮からのミサイル攻撃など緊張をもたらすニュースが続く今日このごろ。
今日、クラリネットができる難聴者の友人と、上記のイベントに足を運んできた。

クラリネット奏者の北村英治さん、谷口英治さんらによるジャズ演奏ワークショップの第1部。続いて第2部で北村英治さん、谷口英治さんほか、プロアマチュアのジャズ奏者愛好家がステージ上と客席それぞれでワークショップで学んだ3曲を演奏するという内容。

正直に言うと、聴こえないために「いまどこを教わっているのか」「どこが問題なのか」「いま演奏しているのは楽譜上でどこなのか」がわからない。だから合奏するときも控えめに小さい音でやるしかなかった。ジャズというジャンルだから、管楽器が多く、北村さん谷口さんと同じクラリネットのほか、チューバ、トランペット、サックス、ファゴット、ホルンなどたくさんあって、ギターでの参加はわたしを入れてたった2人しかいない。わたし以外のひとりはエレキギターだ。しかも聴覚障がい者は、わたしの友人を入れて2人だけ。いやあ場違いなところに入り込んでしまったなというしかない。フットボールにたとえるとやっとボールを投げられるレベルが最高峰、NFLレベルのところに入り込んだような、という感じか。
演奏曲も、「SIng SIng SIng」「さつきに寄せて」「ムーンライト・セレナーデ」の3曲はとてもレベルが高い。初心者には手が出せない曲ばかりだ。

とはいえ、小学校以来の合奏。ハードルがおそろしく高いものだしついていくのがやっという感じだったが、「SIng SIng SIng」をやっていて谷口さんと目が合って(向こうはなんとも思っていらっしゃらないだろうが)音楽の楽しさを感じるに十分だった。ギターを30年ぶりに引っ張り出して、歌えないわたしは誰かに歌ってもらいながら弾き語りをやりたい、と思う。でもこういう合奏もいいものだなと思う。

そう、平和だからこそ争いがないからこそ、音楽を心ゆくまで楽しめるのだ。

能力の低下を食い止めることができるなら!2017/08/05 23:00:41

独学でちょっとかじっただけから30年近くたってきちんとプロに教わることになった。ダンスと同じく、もうひどいデキであるとしかいいようがない。けれどレパートリーが徐々に増えてきた。

http://gigazine.net/…/0110514_musical_instrument_keep_peop…/
楽器を演奏していると老化が遅くなることが明らかに

もしこれが本当ならうれしいと思った記事である。
聴こえない上に弦楽器の微妙な音の違いは補聴器では識別しにくい。おまけにテンポもつかむのがたいへん。
上の記事中にあるように「音楽を趣味にすることで音がよく聞こえるようになるというわけではなく、楽器で正しくメロディーを演奏しようとすることで、聴覚の神経系が微調整されるという方が適切」だとしても、補聴器を通して入ってくる音を聞き分けるのが難しいとしても、集中していくことで、ある程度つかめるようになるのなら、それだけでも違うかもしれない。
ダンスもそうだし朗読もそう。「音楽をたしなむことで、加齢によって起こる、コミュニケーションに必要な能力の低下を食い止めることができる」ということを信じながら続けていこう!

いともかしこし I love to tell the story 手話訳2017/07/28 23:25:22

「あるに甲斐なき われをも召し」

わたしの愛唱賛美歌502番 いともかしこし I love to tell the storyの一節である。

この歌詞を手話でどう表すか?

いる/価値/難しい/自分/救われた

神によって生かされている。
「甲斐」とは、「代わりになるもの」「価値のあるもの」という意味だそうだ、ない、とあるのだから、「自分など物の数ではない、価値のない存在」である。しかし聖書はそう言い切って終わりではない。
神からわたしたちをみるならば、「われをも 召し」そういう、価値のない存在である自分をも(強調!)、神は「召し」てくださった。必要な存在なのだと目をかけてくださっているのだ、という意味。

今日は仕事のあとにボランティアグループ「虹の手」の練習。
わたしのギターと、わたしが加わっている難聴者協会の会員でクラリネットを演奏している仲間が初参加。ギターとクラリネット、妻や友人らが声と手話で歌って合わせてみた。
初めての合奏なのに、きれいに合わせることができ、メンバー全員から「合わせやすかった」ととてもいい反応をいただいた。

こういうひとときがとても楽しい。

いいメトロノームアプリとであった2017/07/20 22:36:35

いろんなものをつかってみたけどしっくりくるものがない。
スマートフォンやタブレットを使ったメトロノームアプリだ。

「チューナー & メトロノーム (チューニング・メーター)」というのを、先日から一緒に合奏の練習をしている難聴仲間から教えてもらった。
これはチューナー機能のほか、マートフォンのフラッシュ機能を使って、直感的にテンポの確認ができるほか、タッチ機能を使って色とピッチ可変でテンポがわかる。

これはいいねえ。
今日のギター練習でもさっそく使ってみた。

手話サークル納涼会に向けてギターの練習2017/07/18 23:24:51

少々疲れはあるけど、集中しているからか、たいしたほどではないと感じる。それが危ないのかもしれないけれど。

仕事のあと、来月にある手話サークル納涼会に向けてギターの練習。
「学生時代」は合わせられる。「ふるさと」も練習してみて大丈夫。「川の流れのように」は音を伸ばすところを工夫して、パートナーに合わせて、ストロークを入れてみるなど工夫したら、前回よりよくなった。

はーとふるはんどの活動とは違った音楽活動もあるから、それぞれに相乗効果があるのを感じる。

妻が「THE ROSE」のASL表現にchallenge2017/07/12 23:08:44

わたしがASLを学んでいるのに合わせて、「THE ROSE」のASL表現を覚えようと、妻が学んでいる。
あせらずゆっくり、妻のペースに合わせて一緒に覚えていきたい。

いつか一緒にやれる日を楽しみにしている。

お互いのコミュニケーションが重要2017/07/11 23:41:06

仕事のあと、妻から教えてもらったスタジオで、難聴者の友人(クラリネット)と一緒に合奏。
来月の難聴者手話サークル納涼会でアトラクションとしてやる曲の練習だ。

2曲を予定しているが、タイミングや音の伸ばし方など細かい練習が必要。テンポをとりあい、確かめ合いながらお互いの演奏を合わせていく。
はーとふるはんどのダンスにも共通して言えるのだけど、合わせるためにはお互いの息が合っていなければならない。そして合わせるためにはお互いのコミュニケーションが重要である。ソロはまたグループとは違う難しさがあるのだけど。

一緒の練習はこれが2回目だけどお互い楽しいと感じている。
いい意味でいろんなシナジーが生まれそうな、クラリネットとギターの合奏。

あせらずゆっくり、楽しいひととき。2017/06/30 23:08:02

昨年のわたしのがん発病などでほとんど活動していなかったボランティアグループ「レインボーハンズ」(虹の手)のメンバーが久しぶりに集まって、活動を行った。

あせらずゆっくり、来年春に施設訪問を行うことで、今までやってきた曲や新しい曲を含めてやる、ということで、「川の流れのように」などをやってみた。

久しぶりだったが、楽しいひととき。
励みになるのはいうまでもない。

「THE ROSE」2017/06/22 22:29:43

今日からBETTE MIDLERの「THE ROSE」に入った。まだところどころでテンポを間違えたけど、勘どころはわかった。CDを聴きながらというわけにはいかないけど、どうにかこうにか補聴器を通して聴こえたメロディーラインを思い出しながら弾いてみる。ぼくは歌えないから、誰かのボーカルとアメリカ手話(ASL)に合わせて弾いてみたい。

それにしても、歌詞の内容はもちろんのこと、コード進行がとてもシンプル。C、G、G7、Dm7、F、Em。この6つだけで、どうしてこんなすばらしい曲が書けるのだろう。

ともあれ、15年くらい前に初めて耳にしてから、自分で弾くとあらためてこの曲にひかれるし、なんとしても誰かのボーカルとアメリカ手話(ASL)に合わせて弾いてみたい。そう思いを強くしている。

忘れずにこころに刻んでおきたいこと。2017/06/16 23:08:31

目標ができて、新たなチャレンジもある、ということは本当に幸せなことだと思う。

5月28日(現地時間)インディアナポリス・モータースピードウェーで開催された第101回インディ500で、日本人としてもアジア人としてもはじめて優勝した、佐藤琢磨選手。

2012年のインディ500で、あと1周というところで2位からトップを狙ってアタックした末にウォールに激突、17位で終わった。その果敢なアタックが印象に残った反面、無謀と勇気、リスクとチャレンジの違いを感じたのだろうと思う。そして自分のチャレンジは、自分ひとりではなく、車をセッティングしてくれるエンジニアやピットクルー、さらにはマシンを開発してくれるメーカー、スポンサー、チームを支える様々なスタッフらがいてドライバーである佐藤選手とともに夢を目指している。

同じことはわたしにも言える。
わたしは家族がいるし、はーとふるはんどの仲間、朗読で教えてくださるプロアナウンサー、手話を教えてくださる通訳士、ギターを教えてくださるプロギタリストに囲まれている。

もちろん仕事も大事だから、仕事仲間も忘れてはならない。

そういうかかわりつながり支えがある、自分だけのことではなく、いろんな支えがあってはじめて自分に夢がありやりたいことがありチャレンジをしているのだということを、忘れずにいたい。