「THE ROSE」2017/06/22 22:29:43

今日からBETTE MIDLERの「THE ROSE」に入った。まだところどころでテンポを間違えたけど、勘どころはわかった。CDを聴きながらというわけにはいかないけど、どうにかこうにか補聴器を通して聴こえたメロディーラインを思い出しながら弾いてみる。ぼくは歌えないから、誰かのボーカルとアメリカ手話(ASL)に合わせて弾いてみたい。

それにしても、歌詞の内容はもちろんのこと、コード進行がとてもシンプル。C、G、G7、Dm7、F、Em。この6つだけで、どうしてこんなすばらしい曲が書けるのだろう。

ともあれ、15年くらい前に初めて耳にしてから、自分で弾くとあらためてこの曲にひかれるし、なんとしても誰かのボーカルとアメリカ手話(ASL)に合わせて弾いてみたい。そう思いを強くしている。

忘れずにこころに刻んでおきたいこと。2017/06/16 23:08:31

目標ができて、新たなチャレンジもある、ということは本当に幸せなことだと思う。

5月28日(現地時間)インディアナポリス・モータースピードウェーで開催された第101回インディ500で、日本人としてもアジア人としてもはじめて優勝した、佐藤琢磨選手。

2012年のインディ500で、あと1周というところで2位からトップを狙ってアタックした末にウォールに激突、17位で終わった。その果敢なアタックが印象に残った反面、無謀と勇気、リスクとチャレンジの違いを感じたのだろうと思う。そして自分のチャレンジは、自分ひとりではなく、車をセッティングしてくれるエンジニアやピットクルー、さらにはマシンを開発してくれるメーカー、スポンサー、チームを支える様々なスタッフらがいてドライバーである佐藤選手とともに夢を目指している。

同じことはわたしにも言える。
わたしは家族がいるし、はーとふるはんどの仲間、朗読で教えてくださるプロアナウンサー、手話を教えてくださる通訳士、ギターを教えてくださるプロギタリストに囲まれている。

もちろん仕事も大事だから、仕事仲間も忘れてはならない。

そういうかかわりつながり支えがある、自分だけのことではなく、いろんな支えがあってはじめて自分に夢がありやりたいことがありチャレンジをしているのだということを、忘れずにいたい。

いよいよという気持ち2017/06/13 22:51:55

ランチ弁当
まだ公にできないけど、今年9月のコスモス会でやる予定の作品の手話訳づくりをはじめた。といっても決定原稿が出来上がるのは今月中。それをまってからになるけど、いよいよという気持ちになってくる。

あまり笑顔を出さないのがよくない?2017/05/28 23:19:53

暑い一日、はーとふるはんどのけいこから夕礼拝へ。メンバーみんなといろんな会話を交わしながら、練習のときは集中してあまり笑顔を出さないように、しかしこれがかえってよくないらしい。

あすからまたいつもの生活に戻る。
きついかもしれないけどがんばりたい。

2つの大事なこと2017/05/15 22:43:05

どんな学習でもそうだけど、2つ大事なことがある。ひとつは、やりがいと喜び、達成感が感じられなかったら意味がない。二つめは、本気でやろうという意思がなくてはならない。

その意味ではーとふるはんどのけいこ、ギター練習、舞台発表や教室でのレッスンの朗読、最後に今日のASLレッスンはすべて、わたしにとってやりがいと喜びを感じられ、聴こえないけれど自分からやりたいとすすんでやっていることだからこそ達成感もある。

今日のレッスンでは単語学習やトピックスなどいろいろ学ぶことができただけではなく、わたしからも質問をして積極的意識してアメリカ手話での会話に挑戦してみた。手話の学習で大事なことは、意識して手を動かすこと。ろう者であれ手話ができる聴者であれ、音声ではなく手を動かすことが大事。意識していくなかで自然と、手話で話すということが身につく。

残念なのは、喫茶店でもいいしレストランでもいいし、実際にアメリカ手話で会話ができる場所がほとんどないこと。しかしインターネットという空間で短く限られた時間であっても、学べることはとてもわたしにとっては欠かせない。
いつかまたアメリカを訪れたときにろう者と話せるようになりたい、Marlee Matlinと話がしたい、ギターに合わせてASLで"The Rose"(Bette Midler)を歌うというか表現したいという夢もあるし、いつかNFLの試合でNational anthemを歌いたいなんていう無謀な夢もある。

聴こえないからだに生まれてろう者になって、病気を得てよかったなと思うこのごろである。

「第12回コスモス朗読会」台本候補を読んでいます2017/05/06 22:41:30

今日は「朗読のレッスン」と、終わってから手話サークルで教えてくださっている手話通訳士から手話の個人レッスンを受けました。例文表現では、わたしが実生活で経験したことも使われていて、妻ともども、例文を見て( ̄∀ ̄)笑ってしまった。もちろん笑うだけではなく、手話表現上のポイントもあり、なるほど、と感じるものがあったのはいうまでもない。

今年9月30日に開催予定の「第12回コスモス朗読会」台本を来月中に完成させるため。いま鋭意どこを読むか、何度も読み返しながら絞っている最中。読んでいてジーンとこころにしみてくるところばかりだ。
先月からいろいろああでもないこうでもないと、書店に入っては手当たり次第に新刊小説を立ち読みしたりしてみたが、ピンとくる、読みたいなと琴線に触れるようなものがなかったため、ゆっくり気長に待ちましょう、としていたところに、「おっ」という作品を見つけた。
来月中に朗読クラスの講師、手話通訳士それぞれに台本を提出するがどんな作品を読むかはまだナイショ(笑)。

来月中にはここでも発表できると思う。

「コスモス朗読会」の日時はまた詳細がわかり次第、ここなどでお知らせご案内します。今年も多くの方に、ろう者難聴者手話がわかる方にも来ていただきたく思います。

久しぶりに仲間が集まった2017/05/02 23:30:46

昨年、わたしのがん入院などでほとんど活動らしいことができなかった、手話ソングのボランティアグループ「虹の手」。
退院してからもちょくちょくやりとりを続けていたが、今日、久しぶりにアクティブメンバーが集まって、新しい曲をカラオケで何度も聴きながら手話表現を確認したり意見を出し合ったりしてみた。

具体的にどこの施設に行くなどの日時はまだ決まっていないけれど、昨年メンバーに大きな迷惑とご心配をかけてしまった、グループのリーダーとしては責任を果たさなくては、という思いでいっぱいだ。

体調は相変わらずだけど、ゆっくりすすめていきたい。

平和、あたりまえのことができる幸せ2017/04/30 22:21:41

はーとふるはんどのけいこ。GWに入ったとはいえ、およそ2カ月後の舞台に向けてみんな気合が入っている。

もしこの瞬間にも核を載せたミサイルが飛んできたら、と考えてしまうが、そんな重苦しい気持ちを吹き飛ばしてくれるほど、ここでのみんなとのレッスンが楽しい。

平和だからこそ手話だギターだ舞台だといえるのだ。

いろんな充実感満たされた思い2017/04/16 21:58:24

午前中、はーとふるはんどの練習、終わってから福音ルーテル小石川教会での夕礼拝、帰宅してギターの練習。

はーとふるはんどの練習は施設内でやったが、室内の気温が上がって少々きつかったけれども、少ない人数で充実した内容。
小石川教会での夕礼拝は、説教が分かり、思うところもたくさん感じさせられた。洗礼を受けたから終わりでもこころや生き方や姿勢が新たにされるわけでもない。そういう思い込みや極端な方向にひきずられない注意が必要だろう。
ギター練習は朝少しやったけど、帰宅して妻に聴いてもらいながらテンポやコード進行に注意して、妻からは「スムーズにいくようになった」と言われた。

あすからの一週間にも、この一日で得た、いろんな充実感満たされた思いをつなげていけたらと思う。

教会と手話ダンスと2017/04/09 22:48:08

そろそろ桜も終わりかな?
一週早めて浦安教会の青年会。『反知性主義』(森本あんり著)を読んでいるが、第5章にでてくるアダムズとジャクソンのエピソードは、どこかで聞いたような既視感をおぼえる。そう、トランプとヒラリーだ。なるほど、歴史は繰り返すのかもしれないし、人間は学ばないものなのかもしれない。

はーとふるはんどの練習は先週よりは人数が多く、実りも豊かな内容だった。手話表現についてみんなで意見を出し合い、ひとつの目標に向かっていく。7月17日の海の日音楽公演に向けてさらに練習を重ねていくのが楽しみだ。