木枯らしに思う2018/12/01 22:13:43

早いもので師走を迎えた。ところが都心では木枯らしが観測されていないという。これは39年ぶりのことらしい。師走に入ったばかりだからかもしれないがそれにしても年末という気がしない。もちろん街はクリスマスイルミネーションが点灯したりお店のウィンドーにも「Merry Christmas」と飾りつけがあるなど、それなりの雰囲気はあるのだが。

木枯らしは、10月半ばの晩秋)から11月末の初冬のあいだに、初めて吹く毎秒8メートル以上の北よりの風のことだという。
わたしが木枯らしと聞いて思い出すのは天地真理さんの『真冬のデイト』という曲。1972年12月5日に発表された。ややずれるけれど、1972年は札幌冬季五輪と特撮テレビ番組『帰ってきたウルトラマン』という思い出もある(『帰ってきたウルトラマン』は1971年4月2日から1972年3月31日にTBS系で、毎週金曜19:00 - 19:30に放送された。札幌冬季五輪の開催期間は1972年2月3日から2月13日)。

『真冬のデイト』はこんな歌詞ではじまる。

木枯らし吹いてる 並木の道も 二人で歩けば愛の道
寒くはないのよ あなたといれば 愛が心に燃えるから

まだ補聴器もつけていなかったからよく覚えている。

そんなことを思い出しながら、今晩はあるホテルでのちょっと早い忘年会に行ってきた。

食事はおいしかったし、手話でいろんなおしゃべりもできた。

あすからまたがんばろう。

振動が伝わる2018/10/11 23:26:19

ギター練習。
思い切って補聴器を外して弾いてみた。きれいな音が出たときはアコースティックギターのボディーを通して振動が伝わるが、汚い不ぞろいな音だと振動がはっきりつかめにくい。

歌と一緒にやるとなるとまた別の難しさがあるのだけど、いろんな工夫をしていくことで、うまく音が出るようになる、と思う。

ダメ出し2018/09/27 23:27:14

2週間ぶりのギターレッスン。しかしテンポが速いとダメ出し。

バイブレーターのようなメトロノームがないかなと思う。振動があればなんとかついていけるのだが。

技術が広がっていく2018/09/08 22:24:17

残暑厳しい一日。

うーん、ちょっと心臓の動悸が激しかったがなんとかなった。
いま学んでいるギター課題曲『時代」(中島みゆき)を、教えていただいた部分も含めて復習練習の繰り返し。一番良くないのは独学で覚えたつもりになることだ。復習練習したことを確認しながらやっていきたい。
いろんなテクニックを覚えることで技術が広がっていく。それはとても大事なことだ。

つまらないミスをやったけれど2018/07/19 23:17:51

暑いけれど朝早く、6時にはもう起床してごはんと弁当をつくる。
今日はカレーをサフランライスと一緒に。

夜は、ギターレッスン。今期の課題曲『時代』(中島みゆき)を。コード進行でつまらないミスをやったけれどおおむね理解できた。

こんな暑さがいつまで続くのかね。

3回目2018/07/16 22:43:22

はーとふるはんど「海の日」公演。

何がなんだかわからないまま無我夢中で舞台に立った1年目。
少しは状況が飲み込めた、2年目。
そして、プログラムの進行もダンスも手話も理解しながら反復したり周囲に確認を求めたり、ついていけた3年目。
リハーサルでもおどけてみたり冗談を言ったりしつつ、本番でも落ち着いて取り組めた。

はーとふるはんどの次回公演は2019年2月の三越劇場。
それと並行して、朗読舞台、コスモス会などけいこ取り組みを続けていく。

「海の日」公演にお越しくださいましたみなさまに、こころから深い感謝とお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

気合を入れて、しかしおちついて。2018/07/15 23:20:25

手話づくしも3日目にはいった。はーとふるはんどの舞台けいこ最終日。

それにしても暑いこと暑いこと。こんな暑さの中ではからだももたないかもしれない。どうにかペットボトルのお茶を飲んでからだをもたせている。

突然のことに驚いたのだけど、ある曲のダンスのフォーメーションを変えてみたいと言われた。
コンビを組むパートナーからの提案に、なるほどと同感してためしにトライしてみたら、意外とスムーズにいけたのがもうひとつの驚き。

あすはいよいよ本番。気合を入れて、しかしおちついて。

やっぱり楽しくなくちゃ。2018/07/12 22:33:30

手話サークル以外では初めての演奏となった先月29日のイベント。次回は今年12月10日月曜日を予定している。
そこで演奏したい曲候補のうち、『時代』『最後だとわかっていたなら』を12月までレッスンして覚えることになった。もちろんわたし一人で決めることではなく、イベントでピアノとボーカルでご一緒してくださったメンバーのお考えを前提最優先にしていかなくてはならないが。

やりがいがあるのはもちろんいうまでもない。
こうやって発表する場があり、歌えないわたし以上に、すばらしいピアノ演奏とボーカルがついてくださっている。妻によるとプロ級の腕前だ。

ともあれこうやって励みになるのはうれしい。
もっと練習を重ねていきたい。昨日書いたように、手話と同じようにやっぱり楽しくなくちゃ。

チャレンジ2018/06/28 23:43:11

昨日、社内であった社員有志のイベントに出演、この歳で初めてギターを人前で演奏した。曲目は『心の瞳』『THE ROSE』。

はーとふるはんどや朗読舞台で人前に立つ経験を積んでいるからとくにあがることはなかった。曲演奏の合間に手話をいれた部分もスムーズにできた。短いスピーチもこなせたが、肝心のテンポやリズムをつかむのは、一緒に歌ってくれたボーカルが肩をたたいてくれたり先日購入したレーザーポインターで楽譜を照射してメロディーを追って下さったりしてついていけた。

はた目から見れば見栄えが悪かったりみっともないとお感じになった方もいらっしゃるかもしれない。
そうかもしれないが、わたしはけっしてそうは思わない。
きれいなスマートな演奏ができれば越したことはないとは思うけど、いろんなサポートを生かしてできることがある。聞こえなくてもできることがある。
サポートや機器を駆使していくことを「ムダ」と考えて、障がいのない人に演奏も歌もすべてまかせればいいだろう、障がい者は黙っていればいいのだ、と考えるか。サポートや機器があれば障がいがあっても出来ることがあり、それを有効に目いっぱい使っていくことでさまざまな場面で活躍できるのだ、と考えるか。

今回うまくいかなかった部分も次回の課題だと考え、さらに練習を重ねたい。

サポートしてくださったボーカリスト、ピアノ演奏してくださったメンバーに、こころから感謝を捧げたい。

継続することの大変さ2018/06/25 23:57:59

今日の新聞一般紙(一部除く)に見開きでサザンオールスターズデビュー40周年を記念した広告が掲載されていた。
広告業界について詳しくないけれど、この広告に使った費用はいくらだろう、と想像してみる。

それはさておき、サザンオールスターズについて詳しくないどころか彼らのアルバムも一枚も持っていないのだけど、栄枯盛衰の激しい音楽業界で40年も続くのは並大抵のことではない。まして大所帯のグループ。人間関係もいろいろあるだろうし、行き違いや音楽方向の違いもあるだろう。ビートルズもそうだし、あまたのグループが生まれ解散したり別れたりしてきた。
わたしの好きなフォークグループ海援隊(1971年結成)も1982年に一度解散している。その後94年に再結成していまに至るが、いろんなことがあっただろう。それだけ難しいことなのだ。

ともあれ「続けてきた」というのはほんとうにたいへんなこと。

海援隊もサザンも、いつまで続けられる続くのかわからないが、こころに残る音楽をこれからも楽しみにしている。