ギターを学んで2021/04/28 23:21:01

https://this.kiji.is/760113755266629632?c=62479058578587648
https://this.kiji.is/760005125338071040?c=62479058578587648

アニメ作品やテレビドラマの主題や、伴奏音楽(劇伴)の作曲などで知られる、作曲家の菊池俊輔さんが亡くなられたというニュースを聞いて、わたしは驚いた。というのも、いまわたしがギター教室で学んでいる課題曲が菊池さんの作曲になる「面影」だからだ。

1975年のTBSドラマ「Gメン’75」、その前にはアニメ「タイガーマスク」の主題歌を作曲された菊池さん。子どものころ、まだ補聴器をつけなくても聞こえていたころに聞いた曲は覚えている。「Gメン’75」は土曜日夜の放送だったが、土曜日は当時住んでいた札幌市内の叔父の家に親せきが集まることが多く、午後8時からの「8時だよ! 全員集合」で大笑いしたあとに観たものだった。わたしの実家でも「8時だよ!~」は観られないわけではなかったけれど、親があまりいい顔をしなかったように思う。親せきが集まっていとこなどもいると、しょうがないという感じで見せてもらえたのかもしれない。
それはさておき、「Gメン’75」のアクションはもちろん、しっかりしたストーリーにひかれた上に、いま学んでいる「面影」が印象に残り、歳月を重ねたいま、ギターで弾きたいという思いを抱くに至っている。
ろう者がギターを弾くのは、もともとが聞こえない上に、右手の6つの弦の指遣い、左手でコードをしっかり押さえているかの確認、そしてリズムやテンポをとる、とたしかにハードルが高いのだけど、7年やってきて少しずつではあるが分かりかけてきた。
ろう者にこのような思いを与えてくださる、曲を「弾きたい」と思う思いを抱かせてくださったこと。すばらしい曲を遺してくださった菊池さんに、こころから深く感謝するとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

ジャージの色に合わせた新しい補聴器2021/03/14 21:56:41

本来は昨年更新するはずだったのが、在宅勤務などのため延び延びになっていた補聴器の新しい交付を昨日得た。
実はマスクのひもがひっかかって、左の補聴器が壊れてしまったのがきっかけ。やっかいなことに、しばらくは左側だけ音が聞こえず(補聴器をつけてもほとんど聞こえないのだけど)苦痛ではあったけど、
新しい補聴器は、CFLトロント・アルゴノーツとNFLラスベガス・レイダーズのそれぞれのジャージの色に合わせて、イヤモールド(平たく言えば耳栓)も同じ色にした。ちなみに交付前はヘルメットの色に合わせて、右が銀、左が青だった。
これで気分が上がらないわけはない。トロントとラスベガスのそれぞれの躍進を祈ります!

いつもの「もっくカフェ」ランチ2021/02/05 21:45:06

今日はいつもと同じく「もっくカフェ」でのランチ。メニューはカレーライス。

普通の日本風カレーにサラダ、みそ汁とコーヒーがついて500円は安い。
地域に根差した活動がもっと知られればいいなと思う。

担々麵2021/01/21 23:42:53

毎週木曜・金曜日は地域支援のため、近所の「もっくカフェ」で昼食をとっている。午後に予定があったため、今日はいつもより早めに行ってきた。

メニューは担々麺。といっても辛さはそれほどではなく、どちらかというと太いラーメンかうどんにとんこつスープをつけ麺にした感じ。けれどおいしくておかわりしたいくらい。

明日はかつ丼ということでこちらも楽しみにしている。

今年最初の「もっくカフェ」2021/01/15 23:49:42

緊急事態宣言発出を受けて在宅勤務が続いているが、今日のランチは自宅から歩いて3分のところにある地域支援センター「もっくカフェ」で。
豚キムチとホットコーヒーをいただいた。
辛いのが好きなわたしにはいうまでもない味だが、目玉焼きがアクセントになってキムチの辛さを中和してくれる。おみそしるもついて500円。来週はタンメンが出るそうで、楽しみだ。

寒い夜のサッポロラーメン2021/01/05 20:56:30

今日のランチはレタスとチャーシューをたっぷり使った、わたしのつくった北海道ラーメン。へんなこだわりがあって、麺を切る笊を、カッパ橋の調理用道具店で購入して使っています。道産子のわたしは当然みそ味が好み。なのでいつもみそ味オンリー。けれどとうきび、メンマ、バターがないのが残念! 家族もおいしいといって食べてくれました。からだに悪いとわかっていて、スープも残さず食べて満足。

今年最初の料理2021/01/02 22:44:03

みなさま 新年あけましておめでとうございます。今年はブログ更新と日記に力を入れていきます。どうかよろしくお願いいたします。

さて。
今年最初の料理は焼きそば。年越しそばにもならないけれど(笑)。やや太い麺とソース。豚肉の代わりに焼き鳥を使いました。千切りキャベツを添えて。

トルコ風サンドイッチとカレー2020/12/31 23:39:27

今年も残りわずか。あっというまの2020年だった。
気管支ぜんそくで入院中だった一年前とは異なり、この年末は、家族でエスニック料理をと、自宅から近いイトーヨーカ堂そばにあった「Paris Kebab」というお店(東京都葛飾区四つ木 2-30-9)でトルコ風サンドイッチを持ち帰って、自宅で作ったカレーと一緒に味わってみた。

辛いのが好きなわたしはもちろんホット、辛い物を頼んだが家族は甘口を頼んで、それぞれお茶や牛乳、ジュースと一緒に楽しんだ。

都内には目立たない路地にもアジアンレストランだのカレーレストランだのがあって味はみなとてもおいしい。ちなみにのお店ではお値段は300~600円ほどで、ポケットマネーで十分おなかが満たせる。

トルコは行ったことがない国のひとつだが、こういうエスニック料理を入り口に文化を楽しむのもまた一興である。
そういえば初めての海外旅行であったトロントで、日本の野球バットより大きくて太いホットドックはさすがに食べきれず、ホテルに持ち帰って夕食にしたほどだ。
コロナで海外旅行ができないいま、スポーツ好きのわたしはせめてスタジアムで買えたあのホットドックや量の多いコーラや食べ物だけでもそばに置いてテレビ観戦できたらいいなあ、などと勝手なことを思い浮かべてしまう。

お目当てはダメだったけれど2020/12/24 22:33:26

今年最後の「もっくカフェ」。
仕事が立て込んでギリギリまで自宅にいたのがまずかったか、今日のランチでお目当てにしていた、クリスマススペシャルメニューが売り切れだった。

「カフェ」のスタッフは申し訳なさそうな表情を見せて「代わりに」と、牛丼を出してくださった。おまけに、「無料です」と言ってホットケーキをいただいたのは驚きだった。
残念と言えば残念だけどスペシャルメニューが売り切れたのは、「カフェ」の人たちにとって大きな喜びだったと思う。わたしもスタッフとともに喜びたい。それ以上に「カフェ」のスタッフのこころ温かいお気遣いがうれしくて、暗いことばかり続くなかで小さな明かりが灯ったような、「この世の中、まだまだ捨てたもんじゃないな」と感じさせられた、クリスマスランチ。

暗い天の下、灯る光2020/12/22 17:32:58

20年の活動の中でたった3年だけど一緒に舞台に立ち、お世話になった、手話ダンス&劇団「はーとふるはんど」。
その20回目の公演がひらかれる。

題して「20年目のありがとう」。

しかし、いまは新型コロナの感染が拡大している。例年通り三越劇場で、2日間。午前・午後の2回の公演は多数のお客さんをお迎えするため、感染のリスクもある。
残念なことだが、2021年は三越劇場ではなく、9年前に公演をひらいていた、渋谷総合文化センター大和田(4階)でひらかれる。一日だけの公演。

まさか1年前はこんな事態になると誰が想像できただろう。
最近のはーとふるはんどのけいこを見ていないけれど、子どもたちも参加して厳しくも楽しいけいことうかがっている。
劇団創立当初からのオリジナルメンバーもまだいる。
その人たちの思いも込めて、微力ながらこころから応援していきたい。

こんな状況下で演劇? と思うかもしれない。不要不急と言われるのは覚悟している。だが暗い天の下で、光をともしているのだ。その光が、未来につながっていく。