難しいけれどチャレンジしよう!2021/11/13 22:44:32

前回も書いた、来月25日の初めての発表会で演奏する、ちあきなおみさんの「喝采」。
ギター演奏はだいぶそれらしい形になってきたが、歌が……むちゃくちゃ難しい。小節のなかだけでも音の高低があり、転調テンポの変化があり、と、難曲中の難曲と言われている。妻からも「難しい!」と言われた。

だからといってここであきらめてしまったら終わり。
ボーカルには妻の友人2人にも入っていただいて、ギターわたしを含む、計4人でやることになりそうだ。

来年3月25日に、「なかの小劇場」でひらかれる、2年ぶりの「コスモス朗読会」も正式に声のご指導の日程が決まった。手話のご指導も始まった。

いろいろ忙しいけれど、チャレンジして成功させたい。

生涯初の発表会と来年3月の朗読舞台2021/11/04 22:52:29

今年6月から学びを始めた、ちあきなおみさんの『喝采』。リズムやテンポ、コード指押さえなど手話通訳士も同伴して、5カ月かかってようやくなんとかかたちになった。妻は途中でやめてしまったけれど、妻のために購入した赤っぽい色のギターを処分するのはもったいないからと、練習する曲のたびごとに、もう30年前に購入したギターと交互に使い分けて、いまは妻のギターを使っている。月に一度、所属教会ではないがバスに乗って30分ほどのところにある教会で賛美歌も学んでいる。

そして来年3月25日。2年ぶりに朗読舞台発表会をひらくことになり、いま声のご指導より先に手話表現を手話通訳士とともに研究したり表現の教えを請うたりしている。さらに毎週水曜日は東京都手話通訳等養成講習会の指導者クラスを受講、これは来年6月まで続く。
その上に父親としての親業、子育てもある。
からだの状態は正直、下痢や腹痛があるなどよくないし、今月は心臓のエコー検査と腹部超音波検査もある。

しかしやりたいことがあり、目標がある。朗読舞台は子どもの保育園と重なって子どもは観に来られないけれど、友人知人にお誘いをしているところだ。
人生は一度しかない。がんなどいくつもの病気があり、聞こえない耳と普通に話せる口をいただき、手話と声で表現したいという思いがあり、手話指導者になりたい(指導者になりたいというより、手話を広めたいというのが正確なところだ)。
いろんな人の支えや出会いや励ましがあって、こういう目標ややりたいことがある。
たいへんではあるが、挑戦し続けたい。

マイクロミニヘルメットとコショウかソルト入れ2021/09/14 20:34:53

ミネソタ・バイキングスとラスベガス・レイダーズのマイクロミニヘルメット
ミネソタ・バイキングスとラスベガス・レイダーズのマイクロミニヘルメットを添えて。実は両チームは第11回スーパーボウル(1977年1月9日、カリフォルニア州パサディナ・ローズボウル)で対戦、32ー14でレイダーズが勝ちました。当時レイダーズはラスベガスではなく、オークランドに本拠をかまえていました。それはさておき、マイクロミニヘルメットのそばにあるのは、フットボールとジャッジの上着を模った、コショウかソルト入れです。30年ほど前に吉祥寺近くにあったNFLのお店だったかな。フットボール型の製氷皿を買ったのですが、手元にありません。アメリカではフットボールをイメージした製氷皿はないのでしょうか? スター・ウォーズならR2-D2やデス・スター、ミレニアム・ファルコンのかたちの製氷皿があるんですけど。フットボール型の氷でアイスコーヒーやウィスキーを飲んだら最高においしいだろうなあ。

旧新並べてみる2021/08/31 21:08:51

先日購入した、畳のオブジェにシアトル・シーホークスの旧ヘルメットを載せ、さらにその下に第48回スーパーボウルを記念したシアトルのTシャツを敷いてみました。
会社の手話オンライン講習会でも着てみましたが、気づいた人はいなかったかも(残念!)。個人的にはヘルメットもジャージも古いデザインのほうが好きなんですが、新しいほうもデザインがいいですね。旧新並べてみるのも楽しいかも。

ささやかな男の楽しみ2021/08/25 20:40:42

モデルナ社製コロナワクチンを会社で打った当日はどうにか動けて息子を保育園に迎えに行くこともできたのが、翌日は起き上がるのもつらい状態に。体温が38℃を超して倦怠感と右ひざから下がものすごい痛い。
解熱剤「カロナール錠」を4時間置きに飲んでけさはなんとか動けるのと体温が下がったことを確認して、今年2回目で最後の夏休みにはいった。

ワクチン接種前から予約していた整体を受けるため、自宅を出て歩いたがやっぱり体力の低下は確実に感じる。で、整体を終えてから体力をつけるため歩いてあちこち寄って、自宅近くのスーパーの100円ショップで畳をイメージした小さなオブジェをみつけて購入。さてなにを載せようかと思っていたら、前回のブログに載せたプロアメリカンフットボールNFLのたくさんのミニチュアヘルメットのなかから、名門チーム、DALLAS Cowboysの、1961~63の時期のヘルメットをデザインしたミニチュアヘルメットを載せました。う~ん。まあなかなかいいねえ。
まだ32チーム、NFLリーグ全部のヘルメットを集めていないので、残りのヘルメットと畳のオブジェを購入して、たとえば日本でひらかれたプレシーズンゲーム「アメリカンボウル」(1989~2005)の対戦カード編とか、第1回から56回までのスーパーボウル対戦編とかを置いてみると楽しいかもしれない。
妻には「つまらない」趣味と感じるかもしれないけれど、まあこれが男の楽しみなんだよねえ。

小さなヘルメットを並べてみました2021/07/21 13:13:31

自宅洗面台のラック棚上に、小さなヘルメットを並べてみました。
古い時代のサンフランシスコ、シカゴとダラス、サンフランシスコとデンバーにニューイングランドのオールドバージョンといまのバージョン、ニューヨークの2チームのオールドバージョンもあります。
こういうのをみて息子がフットボールに興味を持ってくれたらうれしいなと思うんですが、当然ながら妻はおかんむりです。あ、書き忘れました。奥にあるレイダーズのものは、バストといわれたジャマーカス・ラッセルとそのオフェンスラインにバックス選手のミニチュアです。箱から出してもいいけれど、バラバラに散逸されるのがいやでそのままにしてあります。センターはちゃんとボールもあるんですよ。デレク・カーでも、アーロン・ロジャースでもいいから、レイダーズの同じようなオフェンス選手のミニチュアがあったらほしいですね。
ここまで集めたんだからヘルメットだけでも残りのNFLはもちろんCFLチームも集めないと気がすまないけど、当然妻は怒る😒💢💢だろうねえ。

2つの曲に挑戦!2021/06/10 22:49:34

楽譜『面影』『喝采』
わたしはギター教室で今日から新しい曲、ちあきなおみさんの『喝采』に挑戦することにした。
1972年の日本レコード大賞受賞曲でもあるこの曲は、当時小学校2年生だったわたしには強烈な印象がある。のちに「ドラマティック歌謡曲」と称されるようになった曲だが、目をつむってもうかんでくる、情景がありありと浮かんでくる。そして出だしの「いつものように幕が開き」から一転して「あれは3年前」で始まる中盤は盛り上がるというより思いを吐き出すような曲調に変わる。そのリズムがプロでも難しい。あるプロ歌手は「ちあきなおみさんでなくちゃ歌えない」とも評しているほどだ。

その一週間前。
『面影』を卒業し、ちあきなおみさんの『喝采』に挑戦したいとギター教室の講師にお願いした。先述のプロ歌手から「無謀な挑戦だ」と言われたけどそれだけ難しい曲だからこそやりがいがあるというもの。『面影』だってはじめからスムーズにいったわけではない。でも手話通訳士の通訳を通して学び続けてある瞬間からコツがわかりかけて、先週の卒業のときにひととおり演奏し講師がベースで合わせてくださって、「こういう感じがいいんだよな」と思ったものだ。
妻も息子も喜んでくれた。父親が「がんばったぞ」というとムスコはテレビでお気に入りの番組を見ながらうなずいている。わかっているのかね。
手話を一緒に学ぶ同僚にも報告したらやっぱり喜んでくれた。いつも手話通訳で来てくださる手話通訳士も「努力が報われたね」とおっしゃられた。こういうふうにみんなが喜んでくれると、こちらもがぜんやる気が出てくる。いつの日かかつていた手話劇団のみなさんの前でこの2曲をやってみたい。歌えないからどなたかに歌をお願いして手話もつけていただくのが夢でもある。ステージに立てたら手話通訳士、会社の同僚、家族も招いて聞いてほしい。
ろうだからできない、ではなくてろうだからこそできるチャレンジすることが大事なのだ。

たいへんだけどやりがいはある。挑戦を失わないように。

ギターを学んで2021/04/28 23:21:01

https://this.kiji.is/760113755266629632?c=62479058578587648
https://this.kiji.is/760005125338071040?c=62479058578587648

アニメ作品やテレビドラマの主題や、伴奏音楽(劇伴)の作曲などで知られる、作曲家の菊池俊輔さんが亡くなられたというニュースを聞いて、わたしは驚いた。というのも、いまわたしがギター教室で学んでいる課題曲が菊池さんの作曲になる「面影」だからだ。

1975年のTBSドラマ「Gメン’75」、その前にはアニメ「タイガーマスク」の主題歌を作曲された菊池さん。子どものころ、まだ補聴器をつけなくても聞こえていたころに聞いた曲は覚えている。「Gメン’75」は土曜日夜の放送だったが、土曜日は当時住んでいた札幌市内の叔父の家に親せきが集まることが多く、午後8時からの「8時だよ! 全員集合」で大笑いしたあとに観たものだった。わたしの実家でも「8時だよ!~」は観られないわけではなかったけれど、親があまりいい顔をしなかったように思う。親せきが集まっていとこなどもいると、しょうがないという感じで見せてもらえたのかもしれない。
それはさておき、「Gメン’75」のアクションはもちろん、しっかりしたストーリーにひかれた上に、いま学んでいる「面影」が印象に残り、歳月を重ねたいま、ギターで弾きたいという思いを抱くに至っている。
ろう者がギターを弾くのは、もともとが聞こえない上に、右手の6つの弦の指遣い、左手でコードをしっかり押さえているかの確認、そしてリズムやテンポをとる、とたしかにハードルが高いのだけど、7年やってきて少しずつではあるが分かりかけてきた。
ろう者にこのような思いを与えてくださる、曲を「弾きたい」と思う思いを抱かせてくださったこと。すばらしい曲を遺してくださった菊池さんに、こころから深く感謝するとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

ジャージの色に合わせた新しい補聴器2021/03/14 21:56:41

本来は昨年更新するはずだったのが、在宅勤務などのため延び延びになっていた補聴器の新しい交付を昨日得た。
実はマスクのひもがひっかかって、左の補聴器が壊れてしまったのがきっかけ。やっかいなことに、しばらくは左側だけ音が聞こえず(補聴器をつけてもほとんど聞こえないのだけど)苦痛ではあったけど、
新しい補聴器は、CFLトロント・アルゴノーツとNFLラスベガス・レイダーズのそれぞれのジャージの色に合わせて、イヤモールド(平たく言えば耳栓)も同じ色にした。ちなみに交付前はヘルメットの色に合わせて、右が銀、左が青だった。
これで気分が上がらないわけはない。トロントとラスベガスのそれぞれの躍進を祈ります!

いつもの「もっくカフェ」ランチ2021/02/05 21:45:06

今日はいつもと同じく「もっくカフェ」でのランチ。メニューはカレーライス。

普通の日本風カレーにサラダ、みそ汁とコーヒーがついて500円は安い。
地域に根差した活動がもっと知られればいいなと思う。