いながらにしてわかる2016/08/18 21:57:21

今日、妻の妹とその息子が1カ月近い休暇を終えてアメリカへ帰った。

フライトレコーダー24というサイトがある。スマホやタブレットでアプリをインストールすることもできるのだが、わたしはサイトをブックマークに入れておいた。

https://www.flightradar24.com/

いながらにして、いま飛行中の航空機がどこを飛んでいるのか、航空会社やフライト番号から割り出し、機体に搭載されている電波などから位置をを表示してくれるというものだ。

ちょっと前だったら国内線国際線問わず、旅客機の飛行状況や飛行ルートを知るには国際線国内線の各国各航空会社から出された資料をもとにまとめられた、大きな時刻表本をあたるか、ネットで航空会社のサイトをあたるしかなかった。
こういうサイトがあるというのはとても便利なものだ。

そういえば、以前羽田空港を訪れたときに、接近してきた航空機と管制塔の無線通信を航空無線機で傍受して到着時間を割り出し、屋外デッキで到着を待ち受けていた、熱心な航空ファンがいた。
いまでも無線を使いながら航空機の写真を撮ったりしているのだろうか。

もうこのからだではできなくなってしまったが、アマチュア無線とインターネットの組み合わせなんていう記事が「CQ Ham Radio」という雑誌に載っていたのを思い出した。

ネットの進化はいろんなマイナス面もあるけど、こういう便利なものはとてもいいなとつくづく思わされる。
飛行中の航空機すべてが安全に飛行しますように。