ちょっと手抜きの夕食2017/06/12 22:39:50

ホントはこんなのはクッキング料理とは言わないんだろうけど。

週明けの今日、妻と一緒に夕食をつくる。パスタをゆでるところまでは同じ。レトルトでボロネーゼと北海道のソウルフード、みよしののカレーを、パスタにかけて、サラダを添えた。

午前中に墨東病院へ行き、先日のCT検査の結果を聞いてきた。結果は血液、おなかともに異常はないという。けれど今日も下痢があったり腹痛があったり。半年後の12月にまたCT検査を受ける予定で、すぐにその予約も入れておいた。最大5年は検査のため、6カ月おきの通院が必要になる。

弁当をつくって、いざ!2017/06/11 21:45:51

今日ははーとふるはんどのけいこ日。妻を朝から楽にさせてあげたいと、ごはんに昨日つくったブルコギの残りと、―{}@{}@{}―焼き鳥を卵にとじてキュウリ、ポテトサラダ、トマトを添えて。ブルーベリーのヨーグルトをスーパーで探したけどなかったため、多種類が入っているヨーグルトも一緒にしている。

なぜ―{}@{}@{}―かというと、―{}@{}@{}―は食べてもあまり太らないらしい。まあビールは飲めないけどオヤジが好きなのが―{}@{}@{}―だからというのもある。
病気をしたあとだけどもうちょっとやせたいなあというのが本音。メンバーは「これ以上やせたら大変」と言ってくださるけど。

明日は出勤前に先週水曜日の検査結果を聞きに行く。

外出と3日連続の夕食づくり2017/06/10 22:26:53

連休、今日も性懲りもなく(?)外出から帰ってすぐ、妻と一緒に夕食をつくった。ブルコギと妻が作ったポテトサラダ。

その外出というのは18日まで開催されている「没後150年 坂本龍馬」展(東京江戸博物館、大江戸線・JR両国駅下車)を見るため。来週の閉幕日と前日は予定があり、行くとしたら今日しかない。
妻も連れて行きたかったのだけど本人は、あんまり歴史には興味がないのでやめた。がっかりだけど(笑)。 

大学時代に司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読んで以来、坂本龍馬ファンですが、近年の様々な研究成果から、坂本龍馬像が新たにわかってきたという。展示物は、龍馬の直筆手紙や、愛用していた刀、 龍馬宛だという、北辰一刀流長刀兵法目録などが展示され、ほかにも当時の瓦版などが展示されていた。

来週日曜日が最終日ということもあってか龍馬人気もあってか、ものすごい人出で混雑していたけど、十分楽しめる内容だった。妻に無断で(?)展示物など目録を買ってきたけど、ゆっくり後で見たい。

明日ははーとふるはんどのけいこ。
今日つくったブルコギの残りとほかのおかずを使って弁当をつくるつもり。妻に楽をさせてあげたいなと思う。

トンカツの卵とじ2017/06/09 23:37:42

今日も自宅に帰って、夫婦で料理を楽しむ。
前日買ってきたトンカツを、卵とじにしてつくった。紅しょうがも添えて。映っていないけど、焼き餃子もある。脂っこいけどまあいいか。

明日は梅雨入り初めての週末だけど、30℃まで気温が上がるようだ。
熱中症にも気をつけたい。

ああだこうだ言いながら2017/06/08 22:21:01

今晩の夕食。ナポリタンパスタ。

パスタをゆでるまでは妻がやって、ピーマンやウィンナーを切って炒めて仕上げはわたしが担当。

妻と一緒にやる料理は、ああだこうだ言いながらも、楽しい。

検査を受けてきた2017/06/07 23:09:04

CT検査のため病院へ行き、検査後に手話サークルへ。

昨年末の退院後、バッグにつけているヘルプマークは、見てくれる人も見ない人もいる。
しかし大事なことは、たとえ見なかったとしてもつけることで、周囲に知らせる効果があるのだということ。

これから半年おきの検査が5年は続くだろう。

破れることを恐れる心に2017/06/06 22:51:36

明日は午後からCT検査のため病院へ行く。半年おきに検査をして最長5年は続くのだろうと思う。

ギターも今月からはいよいよ「THE ROSE」にとりかかる。

いろんな訳があるけど、

"It's the heart afraid of breakin' 破れることを恐れる心に
That never learns to dance"   踊りなど身に付きはしない

"It's the dream afraid of wakin'  覚めることを恐れる夢に
That never takes the chance"  チャンスなど掴めはしない

というくだりはとてもこころを射抜くほどの言葉だ。

過激思想2017/06/05 23:00:34

どんな思想にも言えると思うんだけど、とりわけ信仰をもつ人は、とかく自分が強くなったとか神の代理人あるいは神に命じられて生きているという思いを抱きやすい。それが自分にも他人にもやさしくなるとか、認め合えるという立場や行動ならいいのだけど、自分の主観だけが絶対であると、そこから他人に何をしてもいいという過激な行動主張も生まれやすい。

キリスト教やイスラム教が悪いのではなく、一神教が悪いのでもない。
悪いのは神と自分の関係をゆがめ、自分の都合よいようにつくりかえて教える人たちや思想なのだ。

「あいうえお」2017/06/04 21:51:14

今日の朝刊に出ていた記事。
「『あいうえお』の5文字を贈りたい。「あせらず、いばらず、うかれず、えこひいきをせず、おごらず」

人の上に立つ人物はもちろんのこと、わたしたち下っ端にも言える。

「あいうえお」はホントに心しておきたいものだ。

朗読会の台本仮原稿を提出した2017/06/03 22:45:53

6月最初の「朗読のレッスン」。講師先生へ、今年9月30日にひらかれる第12回コスモス朗読会に使うわたしの台本仮原稿を提出した。
テキストの元の本も合わせて見ていただき、2週間以内に台本を直すか補加筆するかなどして、2週間後のミニ発表会の前後に戻ってくることになっている。

今年は病気をしたあとの最初の朗読舞台。
2月のはーとふるはんどの三越劇場も、手術明けという思いがあったけど、昨年の第11回コスモス朗読会は、精密検査を受けてがんの可能性ありということを聞いていた時期にあたる。はっきり告知を受けたのはコスモス朗読会からひと月後だった。はーとふるはんどへは12月初めに伝えたのも覚えている。
そんなことも思い出しつつ、舞台に立つことになるだろう。

まだ作品名は出せないけど、手話通訳士からは「いまの時代にあった作品だ」と言われた。

さてどうなりますか。