こういう出会いはとてもうれしい2020/07/17 22:33:28

黄色いヘルメット
4月から、出勤ではなく在宅勤務で仕事をする日が続いている。……理由はいうまでもなく、新型コロナの広がりのためだ。
以前から在宅勤務については関心があったけれどいざやるとなると、しかも長期にわたると、心身に悪影響が出る。自宅で仕事をするのは上司や同僚の目を気にしなくていい、ということは会話がない状況を強いられることもある。そして誰とも会わないだけでなく一歩も外に出ないこともある。さらには自宅での仕事ゆえに、プライベートとオフィシャルの部分が重なりあいまいになり、長時間労働を招きやすいということもある。もし仮に自宅での仕事の最中に病気なりけがを負ったりしたとしよう。それは労働災害として認められるのかどうか。

昨年から右うでとひじに強い痛みを感じ、いくつかの病院でCTスキャンやレントゲンなどの検査を受けた末、頸椎症と腰椎症の2つと診断された。
在宅勤務が始まってまもなく、自宅から自転車で10分ほどのところにある整形外科クリニックでマッサージ療法を受けることになった。
そのマッサージを終えて腕とひじの痛みを抑える薬を処方してもらい、自転車に乗るときいつも欠かさず使っている黄色いヘルメットをかぶって隣接する薬局に行ったときのこと。
わたしが気づかずに杖をもった女性と軽くぶつかってしまった。
「すみません」と手話で謝った直後、その女性がわたしにこう話してきた。
「わたしの娘もいま手話を学んでいる最中です」

こういうことがあると、在宅勤務やマッサージの痛み疲れが一瞬のうちに吹き飛ぶだけでなく、手話で会話をしたことでうれしさが倍増する。
マッサージ療法で通訳のためにきてくださった手話通訳士とともに、梅雨のうっとうしさ、新型コロナのさまざまな苦痛苦しみが軽くなったような気がした、ひとときであった。

楽しさとやりがいを強く感じる2020/07/18 19:56:15

昨年9月の「コスモス朗読会」からまもなく1年。
「いまごろは五輪でわいているころだろう」と1年後を想像したものだけれど、まさか新型コロナで世界中が混乱の中に置かれるとは、とても夢にも思っていなかった。
2020年の「コスモス朗読会」は中止したけれど、やはりわたしは声と手話で表現したいという思いが消えない。舞台がなくなってもみなさんとともに学びたいと、今年も夏期講座を受講することにした。

昨日在宅勤務について書いたが、体力の低下が著しく、正直に言うと気持ちとからだがついていかない。気持ちはあるのだがからだは正直なもので、ひざが痛かったり足が棒のような感覚だったりと、なんとか気力でもった。
教室は講師の席と受講生の席がビニールカーテンで区切られ、受講生もフェースシールドで顔面を覆い、受講生の席はソーシャルディスタンスを保つために前の席は右、後ろの席は左と、間隔をあけ、距離を保つ工夫などウイルス感染を防ぐ対策をとった。しかし対面指導ができないのはともかく受講生の顔が見えないのは受講生にとってもきつい。
次回は従来通りテーブルを囲む形になるだろうか。

ともあれ、1年ぶりにみなさんとお会いでき、近況報告も交えて朗読のご指導をいただけて充実したひとときだった。発声練習、テキストを読む、と続けていって楽しさとやりがいを強く感じる。
もしこのまま東京が巨大地震に見舞われたとき、避難所に移動するとなると、ものすごいストレスと体力低下が生じるだろう。
在宅勤務もそうだが、人と接するのがいちばんのストレス対策かもしれない。あとはいかにして体力低下を防ぐか。大きな課題だ。