ともあれ備えを怠らないこと。2019/02/26 22:47:53

今日、政府の地震調査研究推進本部が「青森県東方沖から房総沖にかけての日本海溝沿いで今後30年以内に地震が発生する確率」を公表した。

8年前のあの大きな揺れは忘れられないし、このあいだも故郷北海道で地震があったのも記憶に新しい。

今回公表されたなかで「宮城県沖などでマグニチュード(M)7級の地震が発生する確率は90%」というのがあったが、宮城県沖だけではなく、ひょっとしたら日本海溝沿いで連動して地震が起きるかもしれない。

日本列島は①北米プレート②ユーラシアプレート③太平洋プレート④フィリピン海プレートが乗っかってつくられているという。つまり日本のどこでも地震が起きる可能性があるのだ。

備えを怠らないこと。