木枯らしに思う2018/12/01 22:13:43

早いもので師走を迎えた。ところが都心では木枯らしが観測されていないという。これは39年ぶりのことらしい。師走に入ったばかりだからかもしれないがそれにしても年末という気がしない。もちろん街はクリスマスイルミネーションが点灯したりお店のウィンドーにも「Merry Christmas」と飾りつけがあるなど、それなりの雰囲気はあるのだが。

木枯らしは、10月半ばの晩秋)から11月末の初冬のあいだに、初めて吹く毎秒8メートル以上の北よりの風のことだという。
わたしが木枯らしと聞いて思い出すのは天地真理さんの『真冬のデイト』という曲。1972年12月5日に発表された。ややずれるけれど、1972年は札幌冬季五輪と特撮テレビ番組『帰ってきたウルトラマン』という思い出もある(『帰ってきたウルトラマン』は1971年4月2日から1972年3月31日にTBS系で、毎週金曜19:00 - 19:30に放送された。札幌冬季五輪の開催期間は1972年2月3日から2月13日)。

『真冬のデイト』はこんな歌詞ではじまる。

木枯らし吹いてる 並木の道も 二人で歩けば愛の道
寒くはないのよ あなたといれば 愛が心に燃えるから

まだ補聴器もつけていなかったからよく覚えている。

そんなことを思い出しながら、今晩はあるホテルでのちょっと早い忘年会に行ってきた。

食事はおいしかったし、手話でいろんなおしゃべりもできた。

あすからまたがんばろう。