感情にまかせるのはねえ あらためて思う2017/11/16 22:19:00

人間だから感情もあるし怒りにまかせてつい暴言を吐いてしまうこともある。

とはいえ「死ね」はさすがにどうだろう。「生」も「死」も究極のものである。まもなく1年になる、わたしのがん告知と手術は、まさに目の前に「死」が迫ってきた実感があった。そして反対にある「生」もまた、自分ではどうすることもできないものだ。だからこそ「生」も「死」も、そのあいだにある「いかに生きるか」を含めて問われている。

気に入らないからといって「死ね」と相手に投げつける。

そんな短絡的な感情にまかせた発言を、公の人の前に立つ人物が口にするというのは、どんなものだろう。

わたしもまた、感情にまかせて乱暴な、尊厳を傷つける言動をしないように。
言葉は人を傷つけるためにあるものではない。

故郷北海道はもう初雪が降ったそうだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年のスーパーボウル優勝チームは?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://todaywesonghands.asablo.jp/blog/2017/11/16/8728953/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。