「あらゆることを喜べるように」2017/05/26 22:52:14

「ニューヨークの物理療法リハビリテーション研究所の受付の壁に掲げられている作者不詳の詩」というのを知った。

-----ここから詩 開始-----

大事を成そうとして、力を与えてほしいと神に求めたのに、
慎み深く、従順であるようにと弱さを授かった。

より偉大なことができるように健康を求めたのに
よりよきことができるようにと病弱を与えられた。

幸せになろうとして富を求めたのに、
賢明であるようにと貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして、
権力を求めたのに、神の前にひざまずくようにと弱さを授かった。

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるように命を授かった。

求めたものは一つとして与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた。

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、
心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた。

私はあらゆる人の中で最も豊かに祝福されたのだ。

-----ここで詩 終わり-----

なるほどなあ。

ちょっと横にずれる。
わたしはクリスチャンでもあり、ろう者でもある。
日本の全人口数にしめるクリスチャン数は年々減少傾向にあって200万人とも。一方、中途難聴、ろう者を含む聴覚障がい者数は600万人だと以前聞いたことがある。

みんながみんな強じんなからだや健康が与えられるわけではない。
むしろこういうやっかいなからだを与えられたことは、この詩にあるように、健康を求めるのではなく、なにかわからないけど、大きなことができるようにやっかいなからだを与えられたということなのかもしれない。その「大きなこと」は「世の人々の賞賛を得」るものではなくて、「権力を求め」るものでもなく、「神の前にひざまずく」弱さからはじまるのかもしれない。こういうやっかいなからだであることで、「あらゆることを喜べるように」なれたらと思う。

今日も朝晩、おなかの内側からチクチク痛みを感じた。
それが、「あらゆることを喜べるように」つながればいいな。