わたしたちもしっかり戒めたい2017/04/28 22:28:31

今村前復興相が「東北でよかった」と言って閣僚を更迭されたことからもわかるように、政治家の発言はひときわ目をひく。

伊吹文明・元衆院議長、今村氏と同じく自民党二階派に属するそうだが、彼がこんなことを先日言ったという話が新聞紙上に出ていた。題して「6つの『た』に注意せよ」。

① 立場
② 正しいこと
③ 多人数
④ 旅先
⑤ 他人の批判
⑥ たとえ話

①は、自分はもちろんのこと、聴衆や1対1であっても聞く人の立場を考える
②は正しいと思っていることであっても、それは人によって違い異なる
③多人数の前で尊大になりやすい。多くの人から見られているということが立場をわきまえず、自分が世界の中心になったかのような錯覚をおぼえるのだろう
④政治家は、地元選挙区や旅先で講演などで招かれることが多いからだろう。知らない土地であってもそうでなくても、つい笑いをとりたい、注目してほしいと思うあまりに話を広げたりすることがある
⑤政治家ならなおさら、自分の主張を高く掲げたい広めたいゆえに、野党であったり気に入らない政治家であったり批判したくなる
⑥たとえ話でも聞く人によっては不快感をあたえることもある

けれど、これは政治家に限った話ではなく、わたしたちにもあてはまることなのではないだろうか。
SNSやフェイスブック、このブログもそうだし、いまや誰もが自由に言いたいことを発信できる。その反面、ウソもホントもわからないまま、伝聞だけで知ったことを発信してしまったり、炎上を招いたりすることもある。

今回の大臣の発言を例にするまでもなく、わたしたちもまた自らの言動に注意し、自らを戒めなくては、と思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年のスーパーボウル優勝チームは?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://todaywesonghands.asablo.jp/blog/2017/04/28/8504383/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。