徐々に近づいてくる「高齢化」2017/04/13 22:31:14

先日、高齢者の定義は「75歳から」というのが話題になったばかり。

70歳は「ほぼ現役」65歳「完全現役」…自民PTが案
http://digital.asahi.com/articles/ASK4F5483K4FUTFK00K.html?iref=comtop_list_nat_n04

たとえばこのあいだ社会に出たばかりの人たちなら「遠い先」だろう。

1965年生まれのわたしから見れば70歳は「遠い先」ではなく、そうだな、ど歩道を歩いていて2つ目3つ目の信号が見えてくる、という感じにたとえらえるだろうか。
徐々に60歳が近づいてくる。そして70歳も意識せざるを得ないだろう。
社会に出たころに描いていたイメージとは異なる、人生設計はもちろん生きていく意味の問い直しも含めて、いまからでも遅くない、しっかり考えていかなくては。
高齢化社会を生きていくとはそういうことでもあるのではないだろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年のスーパーボウル優勝チームは?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://todaywesonghands.asablo.jp/blog/2017/04/13/8473927/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。