コンタクト限定、場面限定のメガネ2015/08/31 23:11:33

年をとったせいか、このごろ遠いところはよく見えるのに近いところが見づらくなってきた。
コンタクトをつけてギターを弾いているときにストリングスがにじんでみえるため、講師から「きちんと指を押さえていない」と怒られることもある。おまけに、先日も書いたようにスマホを見るときや文字入力のときに頭を下げてうつむいていると、頭や肩にとんでもない負担がかかることから、できるだけスマホを真正面に近い位置で手に持つようにしている。そうなると、顔に近づけるのではなく遠くに持つため、前にいる人にとってはじゃまになることもある。

というわけで、前置きが長くなったが、コンタクトをつけているときに近いところの文字がよく見えるようにと、メガネをつくった。あくまでもコンタクト限定で、なおかつパソコンや新聞などの文字が見づらいときや、ギター演奏のときに限って使うことにしている。

とてもよく見えすぎて、かえってこのメガネを長く使うのは視力を落としかねないために、使用するときは細心の注意を払っている。

あすから9月。そしてコスモス朗読会が迫って来る。
もちろん舞台上ではコンタクト装用だけで、このメガネは使わない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年のスーパーボウル優勝チームは?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://todaywesonghands.asablo.jp/blog/2015/08/31/7765548/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。