年明け最初の自炊2012/01/16 22:30:46

豚肉と白菜、もやしなどが入った野菜炒
かなり体調は戻ってきて、今日は豚肉と白菜、もやしなどが入った野菜炒めセットを使っていためてみた。
キッコーマンの「うちのごはん」という、総菜の素がうちにもあった(笑)。で、けさの弁当に使った残りの豚肉とあわせて、スープを添えてみた。

食べ終わってからうどんなどを買ってきた。今度の週末にもみそ焼きうどんに挑戦してみようと思っている。

今日のビッグニュースは、やはりプロフットボールのプレーオフ。
現地時間14日(日)、ウィンスコンシン州グリーンベイでひらかれたNFCナショナルフットボール・カンファレンスのディビジョナルプレーオフで、レギュラーシーズン15勝1敗の、グリーンベイ・パッカーズが9勝7敗のニューヨーク・ジャイアンツに20-37で負ける波乱があった。NFL公式サイトでも「BIG UPSET」とタイトルがついたほどで、予想外の結果となった。

今年は首の負傷のため一度もヘルメットをかぶっていない、インディアナポリス・コルツのQB、ペイトン・マイングの実弟であるイーライ・マニング。ニューヨーク・ジャイアンツのQBは33回試投、21回成功、330ヤード、1インタセプトと、兄のぶんも、と大活躍した。
昨年の第45回スーパーボウルのMVPである、グリーンベイ・パッカーズのQBアーロン・ロジャースは46回パス試投26回成功だが獲得ヤードは264ヤード。2つのタッチダウンをあげたが1インタセプト、1ファンブルロストを記録した。レシーバーとの息が合っていなかったか、レシーバーの落球もあり、不運だったかもしれない。

試合は前半で20-10とニューヨークがリードする展開。後半に入って第3クオーターにグリーンベイがFGで3点を返すが、第4クオーターにニューヨークもFGを入れる。そのあとのシリーズでニューヨークがファンブル、落としたボールを捕球して返し、グリーンベイ陣4ヤードまで進み、次のプレーでタッチダウンを挙げた。グリーンベイもTDを返すが、ニューヨークがダメ押しのTDを挙げて決着をつけた。

これだから勝負はわからない。
いくらレギュラーシーズンが好成績でも、一発勝負のプレーオフはあてにならない。
第2クオーターに得たターンオーバーのチャンスを生かして得点を挙げるなど、4つのターンオーバーを挙げてグリーンベイの得点を20点に抑えたのが大きかった。

来週はいよいよアメリカン、ナショナル両カンファレンスの決勝。