やはり疑問に感じる2012/01/11 23:59:45

新年早々の今月4日、JR東日本に田町-品川間に山手線新駅を設置する構想がある、という報道が出た。
田町-品川間の約20㌶もある車両基地跡地を再開発して新駅を設置し、あわせて外資系企業を誘致する、とも。
わたしもよく品川駅、田町駅両方を利用することが多く、新聞報道やテレビのニュースワイドショーで取り上げられてからもいろいろ話題になっているらしい。

しかし、よく考えてみると、疑問を感じざるを得ない。
まず震災だ。
オオカミ少年になってはいけないが、震災からまだ一年もたっていない。依然地震が相次ぎ、正月早々、震度4の地震もあった。東京首都圏直下型や南海、東南海地震もいわれており、首都圏の地震に対する備えのほうが優先されるべきではないか。

次に、これからの日本社会を見つめてみる。
人口減少時代に入ったことはもう日の目を見るより明らか。新駅に限らず、交通機関や電力などインフラを動かすための人員が必要になるが、それだけの労働力が見込めるのか。外資系企業を誘致する、オフィスビルを建設するという話もあるようだけれど、人が集まるところにはそれらを支えるために必要な人もシステムも必要だ。だが将来、それに見合った人員が確保できるのか? これ以上人が集中する必要があるのだろうか?

JR東日本のサイトを見るかぎりでは、この計画についての発表は見あたらない。
だが、伝えられている内容と現実を見つめてみると、やはり疑問に感じるのはわたしだけだろうか?