「お正月」に入ったビッグニュース2012/01/03 23:21:42

第65回アメリカンフットボール日本選手権・ライスボウル  ゲームプログラムとドレスデン・モナークスのキャップ
日付が変わったが、現地時間1月1日、勝てばプレーオフ進出の可能性があったわがオークランド・レイダーズは、最終戦の対サンディエゴ・チャージャーズ戦で26対38の敗戦に終わり、同じ8勝8敗ながら対戦成績などの規定により、プレーオフには進出できなかった。チームの公式サイトでも触れられているが、守備がうまく機能しなかった。大量失点を与えては勝てない。チームは2012年夏までの長いオフに入る。

今日はフットボールファンにとっての「お正月」。
東京ドームで第65回アメリカンフットボール日本選手権・ライスボウルがひらかれ、社会人代表のオービック・シーガルズが学生代表の関西学院大学ファイターズを38-28でくだした。オービックはライスボウル連覇。2年連続史上最多5度目の日本一になった。

試合は関西学院が第1Qに先制TDをあげてリード。第2QにもTDを奪い、14-3で学生がリードする展開。第3QもFGなどで関学がリードを広げる。だがオービックの守備が機能し始め、第4Q、関学攻撃の投げたボールを奪うビックプレーを2つもみせ、反対に関学は追いつめられていく。試合はオービックが5つのタッチダウンをあげて38-28で勝った。

ところでアメリカンフットボールはアメリカ国内やカナダだけであると思われているだろう。だが昨年オーストリアで開催されたワールドカップを見てもお分かりのように、ヨーロッパでも盛んに行われている。
オービック・シーガルズが今年5月に、ドイツはザクセン州ドレスデンに本拠がある、ドレスデン・モナークスと対戦するという発表があった。わたしが知る限り、日本の社会人単独チームで海外遠征は聞いたことがない。さっそくドレスデン・モナークスの公式サイトに発表があった。
ドレスデン・モナークスはモナークス(シニア)、ユーゲント(ジュニア)、フラッグ(フラッグ・フットボール)、ピーウィー(児童レベル)などのチームがある。1993年創立、GFL(ジャーマン・フットボール・リーグ German Football League)中堅ながら強豪だという。2011年の成績は6勝8敗。

Monarchs empfangen die Obic Seagulls aus der X League
http://www.dresden-monarchs.de/101_news/detail.php?id=6511

5月にチーム初の海外遠征-ドレスデン モナークス(ドイツ)と親善強化試合
http://www.seagulls.jp/news/2012/01/5_1.html

実はドレスデンは一度だけ訪れたことがあり、シーズンオフながら、ドレスデン・モナークスの球団事務所をおうかがいしてジャージとキャップを購入したことがある。試合を見たことがないけれど、ひいきチームでもある。
どちらを応援したらよいか、いまから悩まされている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年のスーパーボウル優勝チームは?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://todaywesonghands.asablo.jp/blog/2012/01/03/6276925/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。