日本基督教団北光教会2012/01/01 23:43:20

北光教会礼拝堂
3年ぶりだろうか。高校時代から大学卒業までのあいだをおくった教会にて2012年最初の礼拝をまもってきた。

残念なことに礼拝開始時間より遅れたため、手話通訳が間に合わなかったけれど、礼拝後に説教プリントをいただいた。会員の顔ぶれは知っている方もいれば知らない方もいて、また大学生ら若い人もいたのがうれしい。東京でわたしが通っている教会は若い人がいないし、手話通訳もいないので何となくさびしいが。

かつてご指導をいただいた牧師と少し近況をお知らせするなど、短い時間だが交わりをいただいた。

写真は、北光教会礼拝堂内部。
お話をうかがうと、十字架の位置を真正面から、左側に移して会衆が座る席も十字架に向かい合うように位置を変えた。そのため、会衆席が横いっぱいに広がり、講壇、説教壇に会衆の視線が集中する感じになった。昔は説教壇と司会者の壇が十字架をはさむようになっていたが、司会者も牧会者も同じ壇に立つことで会衆の視線が散漫にならない、集中して礼拝に臨めるようになった。

思い出がたくさんある、北光教会。
またいつか帰ったときにじっくり礼拝をまもりたい。

コメント

_ 釈千手 ― 2012/01/02 20:15:56

そういう心の寄りどころのような場所があることは、幸せなことだと思います。

_ スマイル ― 2012/01/03 22:27:45

釈先生


 スマイルです。

 2012年最初のコメントをくださり、ありがとうございました。
 そうですね。そういうこころのふるさとというものはほんとうに大事なものですね。

 スマイル

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今年のスーパーボウル優勝チームは?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://todaywesonghands.asablo.jp/blog/2012/01/01/6274042/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。