台風と選挙と変化と2009/08/30 22:15:55

今日は礼拝で「隣人愛」についてメッセージをいただいた。牧師先生がつくってくださった説教メモを読み返してみる。わたしの思いと重なるところが多い。

「青年の会」では賛美歌「ひとりの小さな手」と「主の食卓を囲み」を手話でやってみる。クリスマスまでに覚えて教会員の皆さんの前でやれたらいいねえ。

台風が接近してきて、教会から自宅に着いたころはそうでもなかった雨脚が、夕方からはだんだん強くなってきた。
明日は傘なしでは外出できないだろう。

選挙。
民主党が300議席を獲得するかもしれない。反対に自民党は大惨敗だとも。
4年前に「郵政選挙」で手痛い目にあった、そのしっぺ返しとも言えるし立場が入れ替わった結果ともいえる。
ともあれ、いっこうに光が見えない不況、失業率、へたをすると今年も自殺者が3万人を超すかもしれない。
そんな、とても生きづらいいまの社会から変化、チェンジできるのは、いったいだれに託せばよいのだろう。