栄冠は君に2009/08/24 21:55:56

雨天中止などのアクシデントはあったけれど、8月8日から24日まで、阪神甲子園球場で開催された第91回全国高校野球選手権大会が、今日の決勝戦で全日程を終えた。

決勝戦は愛知県代表の中京大中京と新潟県代表の日本文理の対戦。
ランチタイムが序盤と重なり、1回に中京大中京が2点を先取し、2回に日本文理が1点を返したのをテレビ中継で知った。
「ほほう。こりゃ決勝戦にふさわしい、いい試合展開だな」と思いながら職場に戻ってしばらくしたらもう終盤。
2点を重ねて10-4で中京大中京が優位に試合を進めた9回。「ああ、もうだめかもね」と同僚と話しながら9回裏2アウト、塁上に走者なし。日本文理の攻撃を注目していたら、あれよあれよと安打を重ねてランナーを満塁に出し、中京大中京のエースをマウンドから引きずり下ろした。6点もの不利もなんの、とばかり、わずか1点差までに追いつめたのだ。満塁に走者を出してホームランでも出なければまず無理だろう、もしそうなったらマンガでも描けないドラマだよね、と言っていたのが、わずか1点差までに迫った。
この粘りはほんとうに驚異であり称賛にあたいするとわたしは思う。スタンドから応援していた両校の応援団や観客も同じではないだろうか。

結局、2アウトのまま、最後の打者が打った打球がサードライナーとなって試合終了。惜しかったな、あのまま抜けていればとも思う。
けれども、試合終了直後の両校選手はさわやか、満足とでもいいたげな表情をしていた。勝っても負けても悔いがない。同僚と「いい顔をしているよね」と話を交わした。

リーグ戦であるプロは負けても次があるけれど、高校野球はトーナメント戦であり、「次」はない。だからこそ一瞬一瞬が色濃く濃密なものになっていくのだ。

全国の高校野球チームとその選手たちへ。
あなたたちは試合の勝者敗者に関係なく、ひとりひとり、チームのそれぞれが栄冠を手にするにあたいする。

これからの人生も、大きな栄冠に向かって、歩き続けてほしい。