楽しいひとときの終わり近くに2009/08/09 22:54:36

地震を感じてから3分後
礼拝のあとに、自宅近くのボウリング場でひらかれた、地域の難聴者の集まりのボウリング大会と納涼会に参加してきた。
ボウリングはスコアはまあまあ。2週間前に武蔵小金井であったボウリング大会に比べたら不満ではあるけれど、レクリエーションなのだから本気になるほどではないね。

そのあと1時間余ってしまい、地下にある卓球場に行って30分あまりを過ごした。
まずいな大人げないなと反省するのは、中学生だろうか、部活で卓球をやっているという、ボウリング大会から参加してきた女の子に少し本気になってしまったこと。といっても無理をしたわけではなく、ラリーを何度も交わせたし、彼女の技術が高いゆえにいい相手だったとおもう。
しかしフットボールでもそうだけれど、つい目の色を変えてしまうのは、ちょっとよくないね。

で、移動して居酒屋でいろんな話をした楽しいひとときも終わりに近づいていた、午後8時5分前だっただろうか。
突然、大きな揺れを感じた。あとで震度4だとわかった。
はじめは電車の走る振動かなと思ったけれど、妙に長く続く揺れに、すぐに地震だと判断した。厨房を見ると調理中のところをすぐに火を消したのか、それでも料理人さんが立ち尽くしていた。
写真は壁にかけたハンガー。撮影したのは地震を感じてから3分後のこと。見づらいけれどまだ揺れていたのだ。

災害は時と場所を選ばない。
四国から関東にかけてあさっては大雨になるというし。
たいへんな週になるかもしれない。