新しいコンタクト2007/11/04 21:39:40

いま着けているコンタクトが合わない、気に入らないというのではない。補聴器もそうだけれど、からだに合っていないものを着けるというのはかえってからだに悪影響を与える可能性が高い。たとえば補聴器も、聴力に合っているかいないか。無理をして音量を上げたり実生活での聞こえ具合で、聞きづらかったり聞こえにくかったりしていないか。最近のデジタル補聴器はかなり高性能だと聞くが、かえって使いこなせなかったり使う上で不必要な機能があったりと、難しい。だからユーザーとしては何度も何度も販売店に通っては調整を繰り返してまだそれでも合わないともめることがある。クレームではなく、生活していく上で必要だからこそ、メーカーもユーザーも真剣になっているのだ。

で、冒頭にあげたコンタクト。
いま使っているのは2週間おきに使い捨てのものだけれど、14日のあいだ2日はメガネで過ごすようにしなさいと言われている。めがねがいやなのではないが、1週間つけたままだという、新しいコンタクトを試してみたくて、昨日から試用してみた。

慣れの問題だけれど、いまのところは違和感も苦痛もない。
これで医師の検査と診断で問題ないと言われたら、次回からこれに変えるかもしれない。まだ一箱、2週間おきに使い捨てのものが残っているので、これを使い切ってからの話になる。

礼拝と行事が終わってから、隣の駅の近くにあるという、卓球ショップ兼練習場に行ってきた。事前に調べてはいたけれど、教会を出てから着くまでに1時間もかかり、自宅に着いて歩数計を見たら1万歩を超えていた。うれしいね。

突然の訪問にもこころよく応対してくださり、スタッフの女性が練習相手を務めてくださった。
ワイシャツにスーツネクタイ、ふだん使っているのとは違う軽くて反発力の弱いラケットだったけれど、いつもと変わりなくスムーズにプレーができた。
練習も含めて会員になったので、また仕事が終わってからでもラケットとウエアを持って練習に通いたいと思う。
使用しているコンタクトも違和感なく、はっきり球の回転がみえた。

夕焼けを見ながら、今日からの一週間をまたがんばろう。