冬だけれど2007/01/17 01:06:44

冬だというのに(^o^)
仕事帰りの電器店。パソコンなどを見たあとに店内で、アイスカフェオレを注文した。
街行く人の中には手袋をした人も見るけれど、わたしからみればこの程度で手袋なんていらない!

カフェオレの味はおいしい。ま、たまにはこんなのもいいかな。

やり場のない怒りと深い悲しみを感じながら2007/01/17 23:06:44

帰っておいで!
横田めぐみさんというと、北朝鮮に拉致された被害者のシンボル的存在である。その横田めぐみさんを、拉致される直前までカメラに収めた、父、横田滋さんの作品を中心にした写真展が都内でひらかれた。初日にわたしもカメラを手に、会場内を撮影してきた。

横田めぐみさんはわたしより少し年上にあたる。お父さんが北海道出身と言うこともあり、親近感を抱いているだけはなく、めぐみさん救出活動の中で早紀江さんがクリスチャンになられたということも知った。

写真に収められためぐみさんはとても生き生きした表情を見せている。その娘を知らない国に奪われた悲しみ怒りはいかばかりだろう。わたしも胸が張り裂けんばかりの悲しみを共有できた。

同じことは北朝鮮の人たちにも言える。
指導者の誤りによって明日をも知れぬ苦難の中にある、人たちを思う。
イラクの人たちも、アメリカが勝手に入り込んだことで国がめちゃくちゃにされた。宗教による対立で国内がテロの脅威にさらされている。
なんという愚かなことをしたのか。

やり場のない怒りと深い悲しみを感じながら、写真展をあとにしたのだった。