12年前2007/01/16 22:21:37

東京の青空
今年でもう12年になるのか。

昨年はF1サンマリノグランプリで、アイルトン・セナが亡くなってから12年目。そして明日17日は阪神大震災から12年目。
どちらも、その時何があったか自分はどうその時に立ち会ったかを詳細まで覚えている。

12年前のF1サンマリノグランプリのときは友人と、かつて住んでいた会社の独身寮にいて、レースがあった時間は夕食を一緒にとっていた。「今日はテレビ放送があるね」と話し合っていたその同時間、遠く離れたイモラではセナが事故にあった。寮に帰って「セナ事故死」を知りとても強くショックを感じた。

阪神大震災の時は、まだ体力に自信があったから夜更けまで起きていて、とても古いパソコンに搭載していたゲームで遊んでいて突然強い揺れを感じた。まもなくテレビをつけて、大きな被害をもたらした巨大地震であることを知った。

今日未明、東京でも震度3の地震がおきた。偶然か気のせいか、地震がおきる直前に目が覚めることがよくある。わたしは地震を予知する力も感知する能力もないけれど、なぜか地震には敏感になっているらしい。

12年前の地震を伝えたテレビ画面は、火災による炎と煙のせいもあるだろう、暗い空だったことを覚えている。

あれから12年。だんだん記憶が薄れて実体験を話せる人も減り始めてきた。
しかし安心はできない。いつ東京も巨大地震に見舞われるか。

でも。
もし死ぬならひと思いに一気に死にたい。苦しんで逝くのはまっぴらごめんだ。