God bless You2007/01/07 22:37:37

「Cafe きょうぶんかん」のお気に入りメニュー アメリカンコーヒー
2007年最初の礼拝のあとに自宅へ帰って、とても疲れていたのだろう、昼寝どころか夕方まで眠ってしまった(-_-)。
こりゃいかんとあわてて起きて銀座へ。銀プラと出かけていった。

会社では缶コーヒーくらいであまりのまないけれど、休日にひとり気に入った喫茶店に行く。
それは「教文館」4Fにある「Cafe きょうぶんかん」(東京都中央区銀座4-5-1)。ウェブサイトはhttp://www.kyobunkuwan.co.jp/。

1885年9月9日に誕生、1895年に銀座4丁目に移った、キリスト教の出版書を主に扱う書店だが、ここは場所柄キリスト教信徒だけではなく、一般の人たちも気軽に訪れておしゃべりをしたり本を読んだりする姿がよくみられる。館内でひらかれているイベントや展覧会の合間に、出展者や関係者がふらっと訪れて驚かされたこともある。

スタッフマネジャーのMさんはじめすべて女性スタッフ3~4人がいて、いつも美しくすてきな笑顔で迎えてくれる。帰りがけにはMさんが握手して送ってくれるし、レシートには「God bless You」と、祝福と励ましの言葉があり、疲れたりささくれだった心をひとときいやしてくれる。許可をいただいてこの「God bless You」という言葉を拡大コピー、ラミネート加工して、聖書にしおりとしてはさんだ。

お気に入りのメニューは、アメリカンコーヒーとトラピスト修道院でつくられているという、フランス語で「小石」の意味のガレット、名付けてトラピストがレット。夏場はIced coffeeと一緒にいただくこともある。

昔から銀座というとしゃれたお店をながめたり入ったり買い物をしたあとでふらっとコーヒーをのむのが一般的だ。モボ、モガ(モダンボーイ、モダンガールの略。いまの若い人にはわかるかなぁ?)のころから、銀座でひと息つきながらのむコーヒーは捨てがたい。教文館を出てから山野楽器で、注文してあったベートーベンのCDを購入してきた。ゆったりとすごすひととき。